国際教養振興協会は、国際社会の一員としての意識を持つ「国際教養人」の創出を支援しています。

一般社団法人 国際教養振興協会

会員のお申込みはこちら

国際教養振興協会について

社団VISION・設立背景

Vision & Background

社団VISION

目指すは国内外におけるグローバル・ゲートウェイ!

当協会は、日本人としての健全なナショナル/ローカル・アイデンティティに裏打ちされた確かな『教養教育』の機会創出を目指し、自分たちの住む国、そして地域に対する強い愛着と誇りを持った人材育成に努めます。

そして、国内外の文化交流を育みながら、日本固有の伝統文化、社会イデオロギーに対する理解促進に務め、確かな教養を持った強い人材、企業を国内外に循環させる、グローバル・イデオロギーとローカル・イデオロギーが相互機能を果たす新たな社会的枠組みを創出していきたいと考えております。

社団設立背景

国際教養が日本の新たな可能性を示す。

日本は世界有数の文化立国です。日本がこれほどの世界的な躍進を遂げることができたのは、先人が築いた高度な文明と社会による恩恵の導きであったことは確かだと言えます。しかし、多くの日本人がそれを忘れつつあるのが現状です。もちろん、これは、学校教育の問題、家庭教育の問題、地域社会の疲弊といった数々の社会的構造問題とも無縁ではありません。

英国の歴史学者アーノルド・J・トインビーは言いました。「自国の神話を忘れた国家は100年で亡びる」。自分を忘れた者に自分を語ることはできない。これは、私たち現代人に対するまさに警鐘と言えるのではないでしょうか。

世界で活躍する一流の国際人は皆、母国への感謝と誇りをもっています。多様性に満ちたグローバルな時代だからこそ、自分たち、そして自国のことをもっと知って欲しい。国際教養は日本の可能性を示す新たなポーズになると信じています。

代表理事 東條英利

公式 Facebook

  • 新規会員募集中