国際教養振興協会は、国際社会の一員としての意識を持つ「国際教養人」の創出を支援しています。

一般社団法人 国際教養振興協会

会員のお申込みはこちら

活動概要

活動概要

Activity

「三つの柱」に基づき、国際教養の普及・啓蒙活動を行っています。

「国際教養人」を創出するために、当協会では以下の3つの柱に基づき活動を行っています。

1.「教養」に関するメディアの構築

日本の伝統や文化、歴史、地域情報などを発信するためのプラットフォームとして、オリジナルのメディアを構築します。全国各地の支部と連携しながら、より地域に密着した情報を発信することで、地域教養の向上と新たな観光資源の発掘による地域の活性化に務めます。

神社専門ポータルサイト『神社人』はメディア構築の一貫として、全国各地に鎮座する神社、8万8千社の情報の体系化を目指します。 また、会報誌を当協会の活動報告だけでなく、日本の文化や風習を伝えていくための月刊誌『国際教養(仮称)』に成長させ、文化情報の発信を強化していきます。

「教養」に関するメディアの構築
2.「教養」に関する教育事業

世界に通用する『国際教養人』を育て、輩出することを目指し、「教養」に関する講座を開設します。
当協会が推奨する「国際教養人材8か条」を柱に、地域の特性を盛り込んだ独自のコンテンツを開発し、地方発信で展開できるよう体制を整えながら、全国で講座を展開していきます。
また、定期的に「神社人勉強会」や「カルチャバトンの会」など勉強会やイベントを開催し、インタラクティブに「教養」を学ぶための場づくりや、「御朱印帳」をはじめとした、オリジナルツールの企画・開発にも取り組んでいきます。

「「教養」に関する教育事業
日本を10 倍楽しむための講座「神社人勉強会」
日本を10 倍楽しむための講座
「神社人勉強会」
全国の地域地域にある神社の歴史を紐解きながら、日本について学ぶ講座です。気軽に楽しく学べるよう、身近な例を出しながらわかりやすく解説していきます。学生も社会人も楽しむことができる講座です。
日本に永く伝わる文化を学ぶ「カルチャバトンの会」
日本に永く伝わる文化を学ぶ
「カルチャバトンの会」
「何を変え、何を守っているのか」日本に永く伝わる文化の継承者をゲストに迎え、日本の伝統文化や伝統芸能などを学ぶ講座です。座学だけでなく、体験型のワークショップなども交えながら楽しく学びます。
3.国際交流事業

在日外国人を対象にした日本文化の学習機会の提供や、海外からの観光客を対象にした国内のオリジナルツアーの企画などを行ないます。「教養講座」の卒業生を講師やアテンドスタッフとして派遣することで、卒業生が活躍するフィールドづくりを行ないます。

また、海外に駐在する日本人に対する修学機会をつくり、日本文化と海外文化の相互理解を促進する活動を行ないます。

国際交流事業

公式 Facebook

  • 新規会員募集中