国際教養振興協会は、国際社会の一員としての意識を持つ「国際教養人」の創出を支援しています。

一般社団法人 国際教養振興協会

会員のお申込みはこちら

しめ縄プロジェクト

しめ縄プロジェクト

Our Project


「Team 和KAZARI」の全国展開
企画書のダウンロードはこちら

活動背景

「忘れ去られる文化・習慣の意味」

「Team 和KAZARI」の全国展開

「祝祭日の意味」や「年中行事の意味」など思いの外、私たちは身の回りの出来事に対して無頓着になってはいないでしょうか。例えば、お正月にみられる「お正月飾り」や「初詣」には馴染みがあってもその意味を知ることはほとんどありません。これもよく言えば、「習慣化」されていると言えますが、逆の言い方をすれば、「形骸化」しているとも言えます。

形骸化の怖さは、その意味を知らないことからその価値を容易に見失うことにあります。要不要な単純な原理で言えば、「文化」は時代的経過にその価値を負う部分も少なくありません。であればこそ、遺すべき文化というものはその価値をきちんと伝えなければ淘汰される定めにもあるのです。

しかも、時代は大家族主義から核家族、お一人様へと移行し、学校教育の中でも社会教育よりも大学進学が尊重されるようになりました。このため、今日の日本では、伝統的な文化や風習の意味や理解に触れる機会すら失われつつあるのです。

世の中のグローバル化が進むほど、その土地の持つ意味や意義はさらに必要となって参ります。「世界を知るにはまず自分から」。本プログラムはその第一歩としてお役立ていただけると信じております。

なぜ、しめ縄づくりなのか?

しめ飾りは何でできいるかご存知ですか?

稲わら

それでは、なぜ、「お正月」という習慣を取り上げたかというと、一つには、「お正月が国民的行事であるため、全国共通の課題として捉えることができること」、二つには、「実際の無理解がある問題を引き起こしているということ」の二点にが上げられます。

実際、「教養」を一言で定義することは難しいかもしれませんが、お正月であれば、誰もが身近な文化的習慣として一定のイメージは持っていらっしゃると思います。このため、お正月は、他のテーマや習慣に比べ、地域や老若男女を問わず誰にでもわかりやすく感じられる普遍性を保持しております。

しかも、「一般のお正月」は本来、農業・穀物の神さまとなる「年神さま」をお迎えするための行事なのですが、当然、お正月に飾られるしめ飾りは「稲わら」であるというのが慣例でした。しかし、スーパーなど一般に流通しているものの多くがすでに「稲わら」ではなく、「中国産の水草」という「雑草の類」が用いられているという実状は、まさに形だけで中身を伴わなくなった象徴と捉えることができると感じております。

このため、見た目は市販で売られているものよりも不恰好・不細工になるかもしれませんが、自分たちできちんと稲わらで作って、文化的な意味を踏まえたものを飾ることに相応の意義や価値が出てくるのではないかと考えております。

しめ縄プロジェクトのグランド・デザイン

しめ縄プロジェクトを構成する三つの要素!

しめ縄プロジェクトのあゆみ

当プロジェクトは、主に3つの要素から成り立っております。

[1.しめ縄用の稲わら生産→地方産業の振興]

まずは、しめ縄づくりに重要とされる「稲わらの手配」。こちらは岐阜県の東白川村と連携することで安定的な「稲わら」の確保を実現し、新たに「しめ縄づくり」用の「稲わらの製品化」をはかることで、東白川村の新たな産業振興に寄与できると考えております。しかも、東白川村は明治時代の廃仏毀釈により、村内には神社しかなく、また、村民の9割以上が神道の氏子もしくは崇敬者と言われております。このため、東白川村は「神道の村」と言われ、当会としても「神道の村から採れた稲わら」ということで、同村の生産地ブランドの向上につとめていくことができればと考えております。

[2.しめ縄づくりインストラクターの育成→伝統技術の保持・継承]

続いて、「指導者・しめ縄生産者の育成」。現在、各地で国産のしめ縄づくりに従事されている方の多くは高齢化により、継続が困難な状況にあると言われております。このため、しめ縄づくりにおける「技術」の伝承は必須であり、当会では、「お正月の意味」を語ることができる基本的な知識に加え、この「しめ縄」を作ることができる技術の継承を「お正月インストラクター」として、協会認定の資格を発効して参ります。

現在は、トライアルとして、11名の資格者(2017年現在)を輩出しておりますが、将来的には、こうした資格保有者を充実させ、全国各地で「お正月マスター・プログラム」を提供し、お正月に対する理解向上につなげていきたいと考えております。さらには、技術者の増強をはかることで、「稲わら製のしめ縄」の生産力向上に寄与し、本物の「しめ飾り」を安定的に市場に提供していくことができればと考えております。

[3.お正月文化の理解促進→伝統文化振興並びに関連市場の再興]

そして、最後は当然のことながら、このしめ縄づくりにおける「お正月マスター・プログラムを全国各地の学校や商店街、神社さまに提供」し、お正月に対する理解や関心をより一層高めていきたいと考えております。中でも学校での取り組みは、「子供たちへの文化教育」という観点からも非常に重要な要素とと捉え、今後も学校関係には積極的にアプローチを進めて参りたいと思っております。また、各地域の神社や商店街との連携も高め、氏子や地域住民に対する文化コミュニケーションの一助として、当プログラムを活用いただける地域を増やし、全国的な運動へとつなげていくことができればと考えております。

その上で、当会は事業全体のプロデユースを担い、全国各地における「お正月マスター・プログラム」の普及・管理、お正月インストラクターなどの指導者の育成、東白川村をはじめとする生産地の管理に務めて参りたいと思っております。そして、この全体のプロセスをもって、「しめ縄プロジェクト」としております。



しめ縄プロジェクトの目指すところ

以上のグランド・デザインから、本プロジェクトの具体的目標を以下のように考えております。

1.年間参加者一万人へ

まずは年間に参加される方の具体目標を10,000万人に定め、プログラムの普及・啓発に臨んで参りたいと考えております。そのためにも、約500名のお正月インストラクター(指導者)を育成し、同時多発的に様々な場所で、本プログラムが実施される体制を作って参りたいと思います。

2.全国の学校で開催!

また、私たちが持つ固有の文化を次世代に継承させていくためにも、学校関係で本プログラムが実施できるよう、いろいろな働きかけを行なって参りたいと思います。将来的には、本プログラムが全国すべての学校でも実施され、私たちの持つ身近な文化を当たり前に学ぶことのできる環境を作って参りたいと思います。

3.しめ縄の生産体制の確保!

そして、しめ縄をきちんと作ることが出来る技術者を育成し、高齢化を迎える生産者の現状を打開し、安定的なしめ縄の確保に臨みたいと思います。

以上を当しめ縄プロジェクトにおける当該目標とし、これに合わせて、しめ縄並びにしめ縄用の稲わらの製品化をはかり、東白川村の新たな産業として地域にも貢献できるように臨んで参りたいと思います。

すべては、日本の伝統的習慣並びに産業を守り、日本人一人一人がその喜びに触れるために・・・。



お正月マスター・プログラムについて

お正月の正しい理解としめ縄を作る喜びを体感する!

お正月プログラム

当プロジェクトでは、お正月に対する理解を深める「お正月講座」としめ縄をつくる「しめ縄づくりワークショップ」から成る「お正月マスター・プログラム」を提供しております。

現在のところ、お正月講座は、当会代表理事の東條英利が務め、しめ縄づくりを当プロジェクト実行委員長の志村剛が担当しておりますが、今後はお正月インストラクターの資格を保有したメンバーにも積極的に参加いただき、開催と運営の手順を習得し、各自による自主開催を多面的に展開していくことができればと考えております。


しめ縄プロジェクトの可能性

1.自分でやってみることの価値

しめ縄イベント

参加された方の中には「意外と大変だった」という声を聞くことも少なくありません。しかし、同時に「楽しかった」という声も多く、結果、体験された皆さんは、「お正月を迎える意識が変わった」と大変喜んでくださっております。

中でも「今まで買ったものを飾りつけている時は何も感じなかったけど、自分が作ったものを飾るということがこんなにも誇らしいものだとは思いませんでした」というお声は多く、これはまさしくお正月の意味を知ったからこそ感じるそれなりの意識の変化と言えるのかもしれません。当プログラムにはそうした文化に対する主体的意欲や関心を換気してくれる様々な可能性を含んでいると実感しております。

2.地域コミュニティの交流促進

また、当プロジェクトには2016年より大きな変化が表れ始めました。それが「神社」での開催です。2015年まではどちらかと言えば、各地の一般施設での開催が多かったのですが、2016年からは各地の神社さまで開催されるケースが急増しました(2016年は14会場中10会場が神社さま)。これも文化的な意味を知ったことによる参加者側の意識の表れと言えるのかもしれません。

このため、会場によっては、地域の氏子さんをはじめ、プログラムにおける土着性が高まり、ローカル・コミュニケーションを促進する機会としても非常に有益なものだと実感しております。

3.世代を超えた文化コミュニケーション

さらには、当プログラムは「しめ縄づくり」という簡易なワークショップも含まれることから小さなお子さんからお年寄りまで様々な世代の方に楽しんでいただくことが可能となっております。

中には、おじいちゃんからお孫さんまで、三世代そろってご参加頂いた方もおり、ここで生じる文化的なコミュニケーションは近年の家庭内コミュニケーションにはない新しさがあり、これも参加された方に喜んで頂けた一因と考えております。本来であれば、親から子へ、子から孫へと文化はある程度継承されていくものですが、現在はそうした機会そのものが失われつつあるだけに、こうした文化的な取り組みを家族で参加することの意義は非常に大きいと感じております。

4.学校教育への取り組み

当プログラムは、2017年に大阪の公立の小学校(成育小学校)でも開催されました。これは文化継承という観点からも非常に重要なことであり、大いなる一歩と感じております。実際、その後も学校関係からの問い合わせもあり、少しずつでもこうした取り組みが学校内にて評価されることが出てくれば非常に嬉しいことだと感じております。

このため、当プロジェクトの具体目標の一つには、こうした学校内に文化的取り組みとして広く迎え入れられることが上げられます。

5.国際的な取り組み

また、2017年には、アメリカはロサンゼルスといった初の海外遠征も成功させました。主な参加対象は、現地の日系人・日本人となりますが、外国人の参加者も見られ、改めて、当プロジェクトの様々な可能性を感じております。つまり、当プログラムは国内日本人のみならず、海外の日系人にも有効であり、また、そこから生じる文化的な交流においても非常に有益であることが分かりました。今後も、米国のほか、台湾をはじめとした海外での可能性も視野に入れ、取り組んで参りたいと思っております。

6.その他取り組み

このほかにも、当プログラムは様々な形態・組織での開催にチャレンジして参りました。例えば、老人介護施設やシニア大学といった高齢者向けへの取り組み、そして、シングルマザー協会や企業内の研修の一環として開催したこともありました。今後もこうした可能性にも触れつつ、様々な対象、ステージに挑戦して参りたいと考えております。また、2018年現在においては、特定地域の観光ツーリズム機構など、外国人観光客向けのプログラムとしての導入の可能性も協議しております。このように、当プロジェクトには様々な可能性があり、私たちもそうした機会に挑戦し続けていきたいと思っております。

しめ縄プロジェクトの主なあゆみ

しめ縄プロジェクトのあゆみ

◆2011年
・東京でお正月講座を開催(この時はまだしめ縄づくり体験はなし)。
→2011年の詳細(準備中)

◆2012年
・東京で初のしめ縄づくりを開催(農家をゲストに招き、初じめてのしめ縄づくりに挑戦)。
→2012年の詳細(準備中)

◆2013年
・東京にてお正月講座としめ縄づくりを完全自主開催(稲わらの調達からしめ縄づくりの指導までを経験)。
→2013年の詳細(準備中)

◆2014年
・大阪で初の開催(東京以外で初めて開催)。
→2014年の詳細(準備中)

◆2015年
・しめ縄づくりプロジェクト初の全国企画へ(全国9会場約250名の動員を達成)。
・主な開催地域:東京/大阪/愛知/岐阜/奈良/広島/静岡/神奈川/石川
→2015年の詳細(準備中)

◆2016年
・しめ縄プロジェクト全国企画第二弾(全国14会場約650名の動員を達成)。
・主な開催地域:愛知/千葉/岡山/東京/静岡/福岡/石川/奈良/大阪
神社での開催が激増!
(熱田神宮・宗忠神社・湯島天満宮・冨知浅間神社/宮地嶽神社/重蔵神社/天日陰比め神社/若宮八幡大神宮/住吉大社)
→2016年の詳細(準備中)

◆2017年
・しめ縄プロジェクト全国企画第三弾(全国17会場約900名の動員を達成)。
海外(LA)で初の開催。
公立の小学校で初の開催。
栃木県・秋田県で初の開催。
東京で初のインストラクター制度を導入(有資格者がアシスタントとして参加)。
・主な開催地域:米国LA/愛知/栃木/岡山/東京/石川/福岡/広島/秋田/千葉/大阪/神奈川
・主な開催神社!
(熱田神宮・大前神社・窪八幡宮・宗忠神社・湯島天満宮・重蔵神社・宮地嶽神社・重蔵神社・若宮八幡大神宮・広島護国神社・稲毛神社・自由が丘熊野神社)
2017年の詳細

2018年度プロジェクト始まる!

1.2018年の目標は20箇所・1000名の参加者!

2018年度しめ縄プロジェクトでは、約20箇所の開催に1000名の参加者を目標に動いております。少しでも前年以上のボリュームになるよう、私たちも積極的に動いていきたいと考えております。もし、当プログラムの開催並びにご参加にご関心のある方、団体さまはお気軽に当会にまでお申し付けください。

2.お正月インストラクター養成講座・東京&大阪開催!

昨年は東京のみで行いました「お正月インストラクター養成講座」ですが、今年、2018年は、東京と大阪の二箇所で開催いたします。各会場限定15名さまと限りはございますが、当資格は本プロジェクトが次のステージに臨むためにも非常に重要なものとなっておりますので、もし、ご関心ございましたらお気軽に事務局までご連絡くださいませ。詳細は下記の通りとなります。

★しめ縄づくり認定講座(東京):限定15名様
https://www.facebook.com/events/457367498118240/
開催日:平成30年(2018年)10月21日(日)13時〜17時(12時半受付)
会場:湯島天満宮梅香殿2階(文京区湯島3-29-5)※境内の外です
受講費:10,000円(初回特別受講価格)

★しめ縄づくり認定講座(大阪):限定15名様
https://www.facebook.com/events/670376170009899/
開催日:平成30年(2018年)10月27日(土)13時〜17時(12時半受付)
会場:若宮八幡大神宮(大阪府大阪市城東区蒲生4丁目3−16)
受講費:10,000円(初回特別受講価格)

3.初開催地域、続々登場!

2018年は国内中心に動いておりますが、開催地域は昨年以上に広まりをみせております。主な初開催地域としては、熊本県・徳島県・富山県・埼玉県などが挙げられます。このほかにも新たな地域が参入する可能性がありますので、その際はまたこちらでもご案内いたします。

4.開催地域の募集!

開催までの流れ

2018年も様々な開催パターンを実践し、小さいながらもコツコツと実績を積み重ねていこうと思っております。もし、ご自分の地域でもこの「お正月マスター・プログラム」を企画したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ、当会事務局までお気軽にお声がけください。基本、大人30名様以上の開催が見込まれれば、こちらより積極的に出向いていくつもりでおります。

もちろん、「稲わらの手配などは当会にて手配いたします」ので、その点はご安心くださいませ。開催会場につきましても、決して神社さまでなければならないということはありません。もちろん、必要に応じて、当会より該当地域への神社さまへ働きかけることも可能ですので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。

▶︎国際教養振興協会・しめ縄プロジェクト実行委員会まで

2018年開催スケジュールはこちら

プロジェクト・スポンサーの募集

ぜひ、しめ縄プロジェクトのご支援よろしくお願いします!

スポンサー募集

当会ではこのしめ縄プロジェクトをご支援いただけるサポンサーさまを募集しております。当プログラムは原則、小学生以下の参加は無料としており、また、今後、小学校を含めた学校関係での活動に注力していくためにも、皆さまのお力添えが必要となって参ります。さらには、海外を含めたより広域の活動や指導者の育成なども充実させていきたいと考えておりますので、上記、ご参照の上、ご協賛並びにご支援をご検討頂けましたら誠に幸いでございます。

▶︎国際教養振興協会・しめ縄プロジェクト実行委員会まで


企画書のダウンロードはこちら

公式 Facebook

  • 新規会員募集中